スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

揚げ出し豆腐の南蛮漬け

2008.12.17.[Wed]レシピ
スポンサーサイト
rc134.jpg

最近よく作っているものが、揚げ出し豆腐の南蛮漬け。
きっかけは、秋から通い始めたマクロビオティックの料理教室でいただいたこと。調理実習としてみんなで作るメニュー以外に、教室で出してくれるものも毎回何品かあるのですが、これがすごくおいしかったので家でも真似をして作ってみたのです何回か作っているうちにもともとの味はほとんど忘れてしまったけどたしかこんな感じだったような・・・。

ピーマンの代わりにえのきを入れて陰と陽のバランスをとっている・・・だったかな?ちがったような気もしますがえのきを入れてもおいしいんだという発見ができてよかった♪レモンも大好きなので、お酢だけではなくてレモンの酸味と香りが加わってより一層私の好みにぴったりはまっていました。この南蛮漬けと、玄米ご飯と、手作りのしらすふりかけ(もちろん教室でしらすは登場しません・・・汗)の組み合わせで食べるときが最高に幸せです。

先週のクラスは風邪をひいてしまったので休んでしまいました。残念。そこまでひどい風邪じゃなかったけど、食べ物を扱うからやっぱり控えた方がいいよなぁと思って。次の授業は来年なので、その時は万全のコンディションで臨めるようにしなくちゃ!




揚げ出し豆腐の南蛮漬け : Deep-Fried Tofu Escabeche(3-4人分)

木綿豆腐・・・大きいの一丁
にんじん・・・1/2本、千切り
玉ねぎ・・・1/2個、薄切り
えのきだけ・・・1/2パック、3cmに切っておく
長ねぎ(白い部分)・・・10g、小口切り

酢・・・100cc
水・・・40cc
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2
しょうゆ・・・小さじ1

レモン・・・1/4個、薄い輪切り二枚をそれぞれ四等分にしておく(計8枚)
あさつき・・・適量、小口切り
片栗粉・・・大さじ3程度
サラダ油・・・適量

1.酢、水、砂糖、塩、しょうゆを全てよく混ぜ合わせておく。

2.木綿豆腐をキッチンペーパーで包んでからボウルに入れ、重しをしてしばらく置いておく。

3.木綿豆腐の水がきれたら八等分に切り、キッチンペーパーで水気をよく拭く。バットに片栗粉を入れ、その中で豆腐にまんべんなくまぶす。

4.フライパンの底から1cmくらいの深さまでサラダ油を入れて熱し、片栗粉を少し入れてみてすぐに浮いてきたら豆腐を静かに入れる。両面がきつね色になるまで揚げたらキッチンペーパーをひいた網の上に取り出す。

5.きれいなフライパンにサラダ油小さじ1と長ねぎの小口切りを入れ、弱火で2-3分炒める。

6.5ににんじんを加え、油がまわったら玉ねぎも加えて少し炒める。最後にえのきを入れてさっと炒めたらすぐにバットに取り出して粗熱をとる。

7.6の粗熱が取れたら混ぜ合わせておいた調味液を加えて混ぜる。そこへ揚げ出し豆腐も加え、豆腐の上に野菜を乗せるようにして味をしみこませる。

8.レモンとあさつきをトッピングしたら出来上がり。





スポンサーサイト
TB:0CM:0edit

ぬくぬくしたいときの、ミネストローネ

2008.10.06.[Mon]レシピ


上の写真は早朝にお庭で撮ったもの。朝露がキラキラしていてお花たちもとても元気そうに太陽のほうを向いていました。それと同じ日、だったかどうかは忘れてしまいましたが、ミネストローネを作りました。もう10月だし、ぬくぬくっと温かいものが食べたい季節になりましたね。紅葉もだいぶ進んできたので近々載せたいと思います。
このミネストローネ、どうやらフジッリを入れすぎてしまったらしくてものすごーいボリュウムでした。残ったミネストローネをお鍋にそのままにしてしばらくしてまた蓋を開けるとフジッリがスープをたっぷり吸ってこれまたびっくりするんですよね(笑)レシピではフジッリの量を少し減らしました。


rc118.jpg

ミネストローネ : Minestrone Soup(たっぷり5~6人分程度)

玉ねぎ・・・1個、1cmの角切り
にんじん・・・1本、1cmの角切り
セロリ・・・1本、1cmの角切り
じゃがいも・・・1個、1cmの角切りにして水にさらす
にんにく・・・1片、半分に切って芯を除き、つぶす
ベーコン・・・1枚、みじん切り
カットトマト缶・・・1個

水・・・1200cc
乾燥タイム・・・小さじ1/8
塩・・・小さじ1
こしょう・・・小さじ1/2

フジッリ(お好みのパスタでOK)・・・100g
ミックスビーンズ(水煮)缶又はパック・・・1つ、ざるにあけて水で洗う
ズッキーニ・・・1本、縦半分に切ってから薄い半月切り

乾燥パセリ・・・小さじ1/2
パルメザンチーズ・・・お好みの量をすりおろす
エクストラバージンオリーブオイル・・・大さじ2

1.水にさらしたじゃがいもの水を切って耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジ強で2分半程度、または「ゆでものボタン」で加熱する。こうすることでじゃがいもが煮崩れしにくくなる。

2.大きな鍋にオリーブオイル大さじ1とベーコンを入れて中火で熱し、2分間炒める。

3.そこへ玉ねぎ、にんじん、セロリを加えて炒める。野菜の青臭さがなくなるまで焦らずゆっくりと。

4.つぶしたにんにくも加えて1分程度炒めたらトマト缶、水、乾燥タイム、塩、こしょうを加え、強火にする。

5.沸騰したらあくを取り、すき間があくようにずらしてふたをし、中火で10分間煮る。

6.鍋からにんにくを取り出し、フジッリ、ミックスビーンズ、ズッキーニ、じゃがいもを加えてさらに10分間煮る。

7.フジッリが程良く柔らかくなったのを確認してから火を止め、乾燥パセリ、オリーブオイル大さじ1を加えて混ぜる。

8.お皿に取り分け、いただく直前にすりおろしたパルメザンチーズを振りかける。

たんぱく質はお豆から摂れますし、色んな野菜やハーブからいいお出汁が出るのでベーコンは入れなくても大丈夫だと思います♪


rc117.jpg



TB:0CM:0edit

納豆入りゴーヤチャンプルー

2008.09.26.[Fri]レシピ
rc111.jpg

今月の中頃、札幌の中心部にある沖縄料理屋さんへ夜ご飯を食べに行きました。沖縄料理といえばゴーヤチャンプルー!ということでメニューを見てみると「納豆」の二文字が。ちょっとだけびくびくしながらも注文して食べてみるとこれがびっくりするくらいに美味しくて。納豆の味はするけど納豆独特の匂いが気になるということがないから不思議。味を忘れてしまわないうちに自分でも作ってみないと、と思ってできたのがこの納豆入りゴーヤチャンプルーです。もちろん完璧な再現とはいきません。。でもこれからもおかずにちょくちょく登場させたいな。
あっ、お店でいただいたゴーヤチャンプルーに入っていたランチョンミートは今回入れませんでした。




納豆入りゴーヤチャンプルー : Stir Fried Goya with Natto(2-3人分)

ゴーヤ・・・一本
木綿豆腐・・・一丁(350g~400g)
卵・・・3個
納豆・・・1パック
長ねぎ・・・1/4本、みじん切り

しょうゆ・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1
水・・・大さじ2
かつお節・・・5g

日本酒・・・大さじ2
ガーリックパウダー
一味唐辛子

サラダオイル・・・大さじ1

1.ゴーヤは洗ってから縦半分に切り、スプーンで種とわたを取り除いて薄くスライスする。ボウルに入れて塩小さじ1で塩もみし、しんなりしたらザルに入れて熱湯をかけ、冷水にさらす。

2.木綿豆腐はキッチンペーパーで包んで耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけてレンジで3分加熱し、水をきっておく。

3.しょうゆ、みりん、水、かつお節を耐熱容器に入れて混ぜ、ラップをしてレンジで1分半加熱してから濾して冷ます。冷めたらそこへ納豆、長ねぎのみじん切り、ガーリックパウダー(5ふり程度)、一味唐辛子少々を入れて混ぜ、15分程度置いておく。

4.ボウルに卵を割り入れて軽くときほぐし、3を加えて混ぜる。

5.フライパンにサラダ油を強火で熱し、ゴーヤを入れて青臭さがなくなるまで炒める。

6.5に木綿豆腐、日本酒、塩小さじ1/4、ガーリックパウダー(3ふり程度)を加え、木べらで豆腐をくずしながら少し茶色に色づくまで炒める。

7.豆腐が色づいたら中火にし、3を流しいれて木べら大きく混ぜ、半熟になったらできあがり。


rc123.jpg



TB:0CM:0edit

今年最後の夏スープ

2008.09.24.[Wed]レシピ


すっかり秋も深まってまいりました。札幌なので夏から秋にうつるのがとっても早いのです。正直、まだ夏には終わってほしくないのですが、こればっかりは仕方がない。素直に季節のうつり変わりを受け入れて、秋のおいしい食べ物をたくさん見つけていかないと。

先日、根室からさっそく秋刀魚が届きました。20匹も!焼いてから大根おろしとゆずポン酢と一緒にいただいてみたら生臭さが全然なくてとてもおいしかったです。うちは4人家族なのであと16匹、みんなで食べるとして4回分、冷凍庫に残っています。この秋は秋刀魚を買う必要はなさそうですね!秋刀魚好きの私としては非常に喜ばしいことです♪

今日、ズッキーニを使ったスープを作ったのですが、ズッキーニに登場してもらうのはこれが今年最後になるかもしれません。これはスーパーで買ってきたものだけど、この夏はうちのお庭にも植えました。去年は収穫がなんとゼロでしたが今年はかろうじて3本程度、実ってくれました。こんなものなのでしょうか?いや、きっとなにかコツがあるに違いありません。来年こそはもっと勉強して育てます。

さてこのスープ。ただのスープですが、先日行った洋食屋さんで食べたスープを少しアレンジして作ってみたものです。私が普段作るスープと違うのは、にんにくとベーコンをみじん切りにしてオリーブオイルで炒めるところから始める、ということ。出来上がるスープは澄んでいてあっさり、だけどとってもいい味が出ています。


rc104.jpg

ズッキーニとキャベツとトマトのスープ : Zucchini, Cabbage, and Tomato Soup(4人分)

ズッキーニ・・・1/2本、うすいいちょう切り
キャベツ・・・1/6個、3×3cmに切る
トマト・・・1/2個(ミニトマトでも可)、湯むきをして2cm角に切る

にんにく・・・1/2片、みじん切り
ベーコン・・・一枚、みじん切り

オリーブ油(ピュア)・・・小さじ2
水・・・1000~1200cc
塩、こしょう・・・適量

1.鍋にオリーブ油、にんにく、ベーコンを入れ、弱火にかける。

2.いい香りがしてきたら、ズッキーニを加えて中火で炒める。

3.ズッキーニが透明になってきたら、キャベツとトマトも加えて炒める。

4.全体に油がまわってキャベツも透明になったら水を加えて強火にかける。

5.塩、こしょうで味をつけ(ここでは薄めに)、沸騰してきたら火を弱めて5分程度煮る。

6.味見をして足りなければ塩、こしょうで味を調えてできあがり。

暑い日であれば冷やして食べてもいいですし、私は次はパスタを入れて食べてみたいです。


rc109.jpg



TB:0CM:0edit

パイナップルとココナッツのマフィン

2008.07.08.[Tue]レシピ


札幌もすっかり夏になりました。北海道の短ーい夏・・・終わっちゃう前に満喫しないといけません!

テレビで毎日のように洞爺湖の映像を観ているので私も行きたくなってきました。小さい頃に一度だけ行ったことがあるのですが、かなりの濃霧でなにも見えなかったような記憶しか残ってなくて。昨日の洞爺湖も霧がひどかったらしいです。晴れているときの景色は素晴らしいのにちょっと残念・・・でもきっと関係者の方々は忙しすぎて景色どころじゃないでしょうね(汗)

サミットといえば、先日円山公園に散歩に出かけると神宮、駐車場、公園内、どこへ行っても警察の方々の姿が。暑い中の警備、本当におつかれさまです。公園に限らず今は街中で警備が厳しくなっていますね。道外からもたくさん応援にきていると聞いてびっくりしました。実際、静岡県警の制服を着た方も見かけました。

今回のマフィンは今一番のお気に入りのパイナップルとココナッツが入ったマフィン。初めて作った時は味が薄すぎたので少しずつ改良して今のレシピになりました。焼きたても美味しいのですが私は冷蔵庫で冷やして食べるのも好きです♪
南国好きの友達が喜んでくれたのがとても嬉しかった!冬になったらまた作ってあげて、二人で夏に思いを馳せながらいただきたいと思います。


rc99.jpg

パイナップルとココナッツのマフィン : Pineapple Coconut Muffins (小さいマフィン型約12個分)

(粉)
全粒粉・・・220g
オートミール・・・30g
ベーキングパウダー・・・小さじ1と1/2
塩・・・小さじ1/4と1/8強
きび砂糖・・・大さじ4

(液体)
豆乳・・・240cc
はちみつ・・・大さじ1
卵・・・1個
ラム酒・・・大さじ1

ココナッツロング・・・50g、ボウルに入れて手で少し揉むようにしておくと香りが出る
パイナップル(缶詰)・・・5枚、そのうち3枚は細かく刻んで汁気を絞り、2枚は飾り用に大きめに切る
バター・・・30g、湯煎かレンジで溶かし、冷ましておく

1.オーブンを200℃に予熱しておく。

2.粉類をすべて合わせてふるって大きめのボウルに入れ、別のボウルで溶かしバター以外の液体類を泡だて器でよく混ぜる。

3.粉類のボウルに混ぜ合わせた液体をすべて入れてゴムべらで混ぜ、粉っぽさがなくなったらココナッツとパイナップル、溶かしバターを順に入れて混ぜる。

4.スプーンを使ってマフィン型に分け入れて飾り用のパイナップルをのせ、予熱しておいたオーブンで約20分焼く。

5.粗熱がとれたらマフィン型から外して出来上がり!


rc96.jpg




TB:0CM:0edit

copyright © Relaxing Cuisine.. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。