top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

Red Indian Carrot Soup - Heidi Swanson

2008.05.30.[Fri]料理
スポンサーサイト
rc50.jpg

ハイディのレシピをできるだけたくさん試してみたいので、次はどれにしようかなぁと思いながらページをめくり、たどり着いたのがこの人参のスープ。決め手は・・・材料が揃うのがこれくらいしかなかったから(汗)他にも作ってみたいのはいろいろあるけど、必ずしも材料が手に入りやすいものばかりではないんですよね。でも、ちょっと変わったものも少しずつ試していこうと思っています。

・・・と、このスープを見くびっているかのような書き方をしてしまいましたが、色がとてもきれいで味も美味しいポタージュスープができました。"Red Indian Carrot"を使うらしいのですが、それがどのようなものかも知らないので普通の人参を使いました。ネットで検索してもほとんど何も情報を得ることができませんでした。オレンジというよりも赤くてひょろ長い人参というのが私の勝手なイメージ。実際はどうなのでしょう?このレシピには写真がついていなかったのでわかりませんが"Red"というくらいですから出来上がりはもっと赤かったのだろうと思います。

作り方は簡単で、前回の"Spring Minestrone"でも使用した野菜ストックでたっぷりの人参と玉ねぎを煮て、はちみつを少し加えてからミキサーでポタージュにするだけ。野菜ストックを作るときに塩とタイムを入れてあるので、味付けはほとんどしないですみました。
牛乳もバターも入ってないですが(たった今気がつきました)立派なポタージュでした。といいますか、wikipediaを見てみたところ、ポタージュという単語は「フランス語で、フランス料理が確立する過程で洗練されたスープ」を指すのだそうです。なるほど・・・ひとつ勉強になりました!


rc33.jpg





スポンサーサイト
TB:0CM:0edit

Spring Minestrone - Heidi Swanson

2008.05.26.[Mon]料理
rc30.jpg

またまたHeidiさんのレシピ本から、今回は"Spring Minestrone with Brown Rice"(玄米入り春のミネストローネ)を作りました。このお料理のメインは今が旬のアスパラとグリーンピースで、実はどちらも私の数少ない苦手な食材のうちの二つ。でも玄米のミネストローネなんて食べたことがなかったのと、レシピ本に載っていた写真があまりにもきれいだったので作ってみると・・・美味しい!アスパラとグリーンピースは克服とはいきませんでしたが、ベジタブルストックをたっぷり吸ったプチプチの玄米がとても美味しくて。普通の白いお米を使うと硬さが難しいと思うのですが玄米は外が皮で覆われているので多少煮えすぎても大丈夫。これからはもっといろんなスープに玄米を使ってみよう・・・と思ったのでした。季節ごとに野菜を変えたり、ハーブやスパイスを加えても面白そうです。
小さい頃から苦手だった食べ物たちももうだいぶ克服といいますか、突然好きになったりしてきたのですがアスパラとグリーンピースとくるみだけはまだ好きになれません。でもアスパラなんかは自分で育てたり、それが無理なら採りに行ったりしたらコロッと好きになりそうな気はしますが・・・。味覚も変わっていくと言いますし、たまにこうして試してみるのはいいかも。


rc25.jpg





TB:0CM:0edit

愛しの夏うどん

2008.05.24.[Sat]レシピ
rc10.jpg

まだまだ朝と夜は冷える札幌ですがだいぶ夏の日差しになってきました♪今日の予想最高気温はたしか20℃だったと思いますがもっともっと高くなったんじゃないかと思います。お昼頃は外を歩いていて "日傘が必要・・・!" と思うくらい。

今日書きたいレシピは夏にぴったりのうどんです!というか、うどんのつけつゆですね。小あげ、ほうれん草、そして長ネギがたっぷり入ったこのレシピのアイディアは小学校と中学校のときの給食からいただきました。私は給食が大好きな生徒(牛乳だけはだめでした・・・)で、その中でも麺類が一番好きでした。さらに麺類の中でも特に好きだったのが冷たいうどん。プール学習が終わった後に食べるとさわやかさ倍増でした。

私の給食時代が終わってからすでに10年近く経っても冷たいうどんの味がどうしても忘れられず(どれだけ好きなんだ・・・)、去年の夏に味を思い出しながら作ったのがこの「夏うどん」です。市販のめんつゆでもいいのですが、私は小鍋で簡単に作れる甘めのつゆを使っています。
地味といえば地味なメニューですが・・・爽やかなランチにぜひ・・・!


rc7.jpg

夏うどん:Udon, Summer Version(4人分)

ほうれん草・・・一袋、茹でて4センチくらいに切る
小あげ・・・4枚、ほうれん草と一緒に茹でて4センチくらいに切る
長ネギ・・・1/2本、小口切り

しょうゆ・・・100cc
みりん・・・100cc
水・・・300cc
きびざとう・・・大さじ1
かつお節・・・20g

水・・・約380cc(好みに応じて量を加減してください)

1.小鍋にしょうゆ、みりん、水300cc、きびざとう、かつお節を入れて火にかける。沸騰したら弱火にし、3分程度煮立たせる。3分経ったらザルで濾してボウルに入れて水約380ccを加え、ボウルの底に氷水をあてて人肌くらいに冷ます。

2.つゆを冷ましている間に、鍋に水(分量外)を沸騰させ、ほうれん草と小あげを2分程度茹でる。ほうれん草は水で洗い、小あげとともに4センチくらいに切る。長ネギは小口切りにする。

3.ほうれん草、小あげ、長ネギをつゆの入ったボウルに加えて混ぜ、ラップをして冷蔵庫で冷やす。

4.茹でてよく冷やしたうどんと一緒にいただく。





TB:0CM:0edit

マイルド豆腐カレー

2008.05.20.[Tue]レシピ
rc5.jpg

大豆製品、その中でも特に豆腐が大好き人間な私ですが、なぜそんなに好きなんだろう・・・と今考えてみました。
おそらく"健康に害なし"と思って安心して食べられるのと、淡白な味だからこそいろんなお料理に化けることができるから。でしょうか。
小さい頃は豆腐というのは日本料理だけに使われるものだと思っていましたが、豆腐が海外でもメジャーになるにつれて外国のレシピ本の中に豆腐が登場するようになったのはとても嬉しいです。 
Heidiさんの"Otsu"でもレモン入りのドレッシングと合わせて使われていたように、日本では見たことのないような食材との組み合わせや味付けをしているものが多いので、ただの豆腐がなんだかものすごく新鮮に感じられてうきうきしてしまいます(笑)
あとすごく気になっているのは海外で売られている豆腐の味。やっぱり日本のとは違うのかな?日本を出る機会があったら食べてみます。
数年前に購入したマクロビオティックのレシピ本に載っていた豆腐入りのカレーをあれこれアレンジしてできたのがこのマイルド豆腐カレーです。
私は辛い食べ物は苦手なのでカレー粉はひかえめ、そしてはちみつとりんごをすりおろしたものが少し入っています。最後にチーズも入れるのでそれはそれはマイルドなカレーです。辛いもの好きには物足りないと思うのでカレー粉の量はお好みに合わせて♪


rc6.jpg

マイルド豆腐カレー:Mild Tofu Curry(5人分)

木綿豆腐・・・2丁(700g程度)、水を切って2.5センチくらいの角切り
玉ねぎ・・・1個、みじん切り
にんじん・・・1/2本、皮をむいてみじん切り
セロリ・・・1/2、みじん切り
トマト・・・1個、湯むきして3センチくらいの角切り
トマト缶・・・1個
りんご・・・1/16個、すりおろし
はちみつ・・・小さじ4
チーズ・・・60g(とけておいしいものならなんでも)

にんにく・・・1片、みじん切り
しょうが・・・1片、みじん切り
ローリエ・・・1枚
クミンパウダー・・・小さじ3/4
シナモンパウダー・・・小さじ1/2
ターメリックパウダー・・・小さじ1/2
ナツメグパウダー・・・小さじ1/4
カレー粉・・・大さじ1(好みに合わせて)
小麦粉・・・小さじ2
ごま油・・・小さじ1
なたね油・・・小さじ1
塩・・・少々
水・・・200cc
玄米ご飯・・・適量

1.大きな鍋にごま油となたね油をそれぞれ小さじ1/2ずつ入れて熱し、にんにく、しょうが、そしてクミンパウダー小さじ1/4を加えて弱火で2分程度炒める。

2.豆腐を鍋に加え、少し茶色になるまで中火で炒める。
豆腐をボウルに移し、鍋に残りの油と玉ねぎ、にんじん、セロリ、塩ひとつまみを入れてしんなりするまで炒める。

3.鍋に豆腐を戻し、残りのクミン、シナモン、ターメリック、ナツメグ、カレー粉、小麦粉も加え、3分程度強めの中火で炒める。
4.トマト、トマト缶、りんごのすりおろし、はちみつ、水、ローリエを加え、弱火で1時間程度ことこと煮る。(水分が足りないようなら水を少しずつ足し、焦げないようにときどき混ぜる。)

5.チーズを加えて混ぜ、溶けたらできあがり。玄米ご飯にかけていただきます。





TB:0CM:0edit

ある週末・・・

2008.05.20.[Tue]料理
rc3.jpg

春+暖かい週末=おにぎりランチ
中身ははちみつ梅干しとツナマヨにしました。
ツナマヨはマヨネーズを控えめにしてお醤油と鰹節を少し入れると味に深みが出ます。
実はこれを作ったのはちょっと前の週末でとても良い天気だったのですが、今日は全国的な大雨・強風ですね。姉は風が強すぎて傘が折れたらしいです・・・!相当ですね。
下の写真はうちの裏にあるさくらんぼの木にヒヨドリが来ていたので急いで撮ったもの。
本当はもっと下のほうにもう一羽来ていたのですがうまく撮れず。
写真がもっと上手に撮れるようになりたいなぁ・・・。


rc4.jpg





TB:0CM:0edit

Otsu - Heidi Swason

2008.05.18.[Sun]料理
RC1.jpg

初めての投稿は、Heidi Swansonさんによるレシピ本、"Super Natural Cooking"に載っている"Otsu"です。

レシピ本作家であるとともに写真家でもあるHeidiさんのブログや本からは、お肉を使わないかわりに新鮮でカラフルでヘルシーな材料をふんだんに使った新しいタイプの料理を教わりました。
彼女のレシピの中にはときおり日本でもよく使われている食品も登場しますが、日本人の私にはぜったいに思いつかなかったような変化を加え、とても創造性のあるメニューにしているのでいつも楽しみながら作れます。
それにもちろん味も美味しい。

rc2.jpg

さて、今回作ってみたのはそんな創造性豊かなレシピの一つである"Otsu"。
きゅうり、ネギ、こんがり焼いた木綿豆腐をのせたお蕎麦にかけるのはレモン皮と汁、はちみつ、酢、しょうゆ、ごま油などを混ぜて作ったつゆ、というよりもドレッシング。お蕎麦とレモンの組み合わせは初めてでしたが酢だけのものよりずっと香りがさわやかになって非常に美味でした。
それと、レシピにはなかったのですが茗荷(みょうが)を見つけたので薄く切ってトッピング。

これを作ったのもわりと暖かい日でしたが、真夏のもっともっと暑い日に食べたらさらに美味しくだろうな・・・と思うと夏が楽しみになってきます。



TB:0CM:0edit

top


copyright © Relaxing Cuisine.. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。